知恩院 大晦日
知恩院 除夜の鐘
知恩院 除夜の鐘 写真
・京都 知恩院 除夜の鐘 12月31日 大晦日
知恩院 大晦日
知恩院 12月31日
知恩院 除夜の鐘
知恩院 除夜の鐘 画像
知恩院 大晦日の夜
知恩院 鐘
知恩院 鐘
知恩院
知恩院 行事
知恩院 鐘楼
↑ 画像をクリックすると拡大されます。
・住所 京都府京都市東山区林下町400
・日時 12月31日 大晦日 22:40〜  入場無料
一般の人は鐘を撞くことはできないが、すぐそばで見学できる
・アクセス JR「京都駅」から市バス206系統で「知恩院前」下車 徒歩5分
阪急「河原町駅」や京阪「祇園四条駅」から 徒歩10〜15分
・案内 京都市東山区に位置する浄土宗総本山である知恩院(ちおんいん)。巨大な三門がここのシンボルとなっており、京都らしい景観が旅行者の目を惹きつける。山号は華頂山(かちょうざん)という。
知恩院の鐘楼は重さが70トンある大梵鐘として日本三大梵鐘のひとつに数えられており、毎年12月31日に行われる除夜の鐘は16人の僧侶によって力強く撞かれ、その鐘の音は東山一帯に響き渡る。
ここの除夜の鐘は、22時40分より16人の僧侶によって撞き始められます。20時30分より開門し、鐘楼周辺域は300人の入場規制あり。煩悩の数である108回撞かれます。
鐘が撞かれる度にスタッフの誘導により見学場所の移動が促される。たくさんの人がすぐそばで見れるように配慮されている。日が変わり年が明けた頃まで撞いているので見れるチャンスは多い。
京都の行事・祭 にもどる >>        トップページ へもどる >>

Copyright (C) Yasuhiro Imamiya all rights reserved.