京都 大文字
五山の送り火 写真
五山の送り火
五山の送り火 鳥居形
・京都 五山送り火 大文字 広沢池灯籠流し
京都 大文字
京都 大文字 画像
五山送り火
広沢池灯籠流し 鳥居形
船形
大文字 大文字 大文字 鳥居形 船形
船形 写真
五山の送り火 妙
五山の送り火 法
京都 五山の送り火 法
左大文字
船形 左大文字
↑ 画像をクリックすると拡大されます。
・いつ 毎年 8月16日 20:00より点火していく
・どこで 大文字・・・ 東山 如意ヶ嶽 (20:00点火)
妙・・・ 松ヶ崎西山(万灯籠山) (20:05点火)
法・・・ 松ヶ崎東山(大黒天山) (20:05点火)
船形・・・ 西賀茂船山 (20:10点火)
左大文字・・・ 大北山(大文字山) (20:15点火)
鳥居形・・・ 北嵯峨 水尾山(曼荼羅山) (20:20点火)
・スポット もっとも人気のある東山の如意ヶ嶽の大文字は、
出町柳や京都御苑からが見やすいスポットとなっている。
・情報 毎年8月16日に行われる京都五山の送り火(きょうと ござんのおくりび)は京都の夏の風物詩として広く知られている大きな行事。ご先祖様の所霊を見送る精霊送りの意味を持つお盆の行事。
京都を囲んでいる5つの山に描かれた文字が、「大文字」「」「船形」「左大文字」「鳥居形」の順番に点火されていきます。妙と法は2つで1つの文字とみなされている。
すべての文字がかなり離れた場所にあるので、すべての文字を一度に見るのはとても難しい。2つくらい見える場所は多くある。ビルの屋上などにあがれるなら4つほど見える場所もある。
8月16日当日、五山に登れるのは関係者のみとなっている。
鳥居形が見える広沢池では同時に広沢池灯籠流しが行われるので、とても幻想的なワンシーンに出会えるだろう。
京都の行事・祭 にもどる >>      トップページ へもどる >>

Copyright (C) Yasuhiro Imamiya all rights reserved.