八朔 祇園
八朔 一力亭
・祇園甲部 八朔 はっさく
八朔 芸妓 八朔 祇園 八朔 舞妓 八朔 舞妓 八朔 祇園 八朔 芸妓
八朔 舞妓 八朔 画像 八朔 舞妓 八朔 挨拶回り 八朔 黒紋付 八朔 祇園
八朔 三本足 八朔 舞妓 八朔 花街 八朔 写真 八朔 祇園 はっさく 八朔 お茶屋
↑画像をクリックすると拡大されます。
・八朔とは 八朔とは、八月朔日(旧暦8月1日)を略したで言葉で、古来より恩義のある人に贈り物をする風習があった日。
京都の花街・祇園においては、芸舞妓さんたちが黒紋付の正装姿で、京舞井上流の井上八千代 家元宅や日頃からお世話になっているお茶屋さんに「おめでとうさんどす。 これからもよろしゅうおたの申します。」と挨拶に回る花街の伝統行事の日。
・いつ 毎年 8月1日 午前10時ごろ 〜 正午過ぎくらいまで
・どこで 祇園町北側の新橋、祇園白川の巽橋周辺のお茶屋
祇園町南側の花見小路を入った所にある一力亭周辺のお茶屋
・情報 TV局などのメディアも大々的に報道する京都有数の伝統行事なので、とても多くの人が訪れる。祇園白川の巽橋と花見小路の一力亭前の
二か所は撮影ポジションの争いが厳しい。
午前9時ごろに訪れてみたが、すでにポジションは埋まっていた。状況をよく理解している人たちは脚立を使って、人壁の上から撮っていた。
・注目 芸妓さんや舞妓さんが黒紋付の正装姿となる八朔、始業式、店だし、襟変えなど節目の行事には、襟足が通常の二本足ではなく三本足になる。(→写真) 注目して見てみよう。
京都の祭・行事 にもどる >>       トップページ にもどる >>
Copyright (C) Yasuhiro Imamiya all rights reserved.