下鴨神社 京の流しびな 流し雛
下鴨神社 流し雛
京都 ひな祭り
流し雛
下鴨神社 流し雛
・3月3日 11:00〜 下鴨神社 京の流しびな 流し雛 式典
下鴨神社 京のながしびな 写真
下鴨神社 流し雛
下鴨神社 流し雛 お雛様
下鴨神社 流し雛 宮川町 舞妓
下鴨神社 流し雛 御手洗川
京都 下鴨神社 流し雛 お雛様
下鴨神社 流し雛 お内裏様 写真
下鴨神社 流し雛 たわわ
下鴨神社 流し雛 おひなさま
下鴨神社 流し雛の儀 御内裏様 御雛様
下鴨神社 流し雛 お雛様
下鴨神社 流し雛の儀 お雛様
ながしびな
流し雛 小学生による合唱 写真
下鴨神社 流し雛 舞妓 宮川町
・3月3日 12:00〜 下鴨神社 流し雛 一般の人 桟俵 雛人形
桟俵 さんだわら 雛人形
流し雛 一般の人
京のながしびな 京都 雛祭り
桟俵 さんだわら 雛人形
流し雛 桟俵 さんだわら 雛人形
京都 ひなまつり
下鴨神社 3月3日 京のながしびな
京都 ひな祭り
雛壇
桟俵 さんだわら
↑ 画像をクリックすると拡大されます。
・住所 京都府 京都市 左京区 下鴨泉川町59
・日時 毎年3月3日 10:20〜受付開始  11:00〜流し雛の儀
式典が終了すると、一般の人も御手洗川に桟俵を流せます
・アクセス JR「京都駅」から4・205系統の市バスで「下鴨神社前」下車
京阪電車「出町柳駅」から徒歩10分 (糺の森には徒歩5分)
・案内 毎年3月3日の桃の節句に下鴨神社の御手洗川にて「京の流しびな」と題して流し雛が行われる。京人形商工業協同組合が主催しており、京都の雛祭りを代表する行事として広く知られている。
流し雛とは、身のけがれを和紙でできた雛人形に託して水に流し、それを祓うという平安時代よりの習慣。現在でも各地に流し雛の習慣は残っており、雛祭りの時期に行われている。ここ下鴨神社でも古来の風習に則って御手洗川にさんだわらの雛人形に願いを込め流します。
まず流し雛の式典として、お雛様は十二単、お内裏様は衣冠の平安装束を身にまとい流し雛の儀を執り行います。つづいて来賓の方々や宮川町の舞妓ちゃんらが続き、京都のマスコットキャラクターであるたわわちゃんも流します。
それら式典が終了すると、一般の参列者さんたちが御手洗川の水際に降りて、それぞれの想いを込めて流し雛を行います。さんだわらの雛人形は舞殿前にて(大)1000円(小)500円で販売しています。
この「京の流しびな」では流し雛の儀以外に、十二単の着付け披露や雛壇前でのツーショットコーナーも設けられていて、小さな子ども連れで来られた家族を楽しませています。
また京雛は、他の地域と男女の位置が逆になります。これは”左が上位”との古式に基づいているためで御内裏様が最上段の最も左に位置します。(→写真)
京都の行事・祭 にもどる >>        トップページ へもどる >>

Copyright (C) Yasuhiro Imamiya all rights reserved.