廬山寺 桔梗
廬山寺 ききょう
・廬山寺 桔梗 京都 ききょう
京都 桔梗
廬山寺の桔梗
廬山寺 桔梗
廬山寺 源氏庭
廬山寺 紫式部
桔梗
京都 廬山寺 紫式部
廬山寺 桔梗 画像
廬山寺 桔梗 画像
廬山寺 夏
↑ 画像をクリックすると拡大されます。
・住所 京都市上京区寺町通り広小路上る1丁目北ノ辺町397
・日時 蘆山寺の桔梗の見頃は 例年7月上旬〜中旬
時間 9:00〜16:30 (受付は終了30分前まで)
拝観料 大人 500円  中学生 400円
・アクセス JR京都駅から市バス4、205系統に乗車し、
「府立医大病院前」バス停下車 拝観入口までは徒歩3分
・案内 京都市上京区に位置する廬山寺(ろざんじ)。紫式部の邸宅跡地として知られており、境内には源氏庭(げんじのにわ)やお土居などが残されている。源氏物語は、ここで執筆されたと伝えられている。
蘆山寺の夏のハイライトは、紫色に彩られた源氏庭。白砂部分の多い庭園に桔梗の花が咲き誇り、何とも雅な庭園がつくり出される。源氏庭の奥には青もみじがみずみずしく佇んでいる。
蘆山寺の桔梗は、例年6月下旬から咲き始め、7月上旬〜中旬が見頃となっている。8月中はピークは過ぎているが遅咲きの桔梗が残っている年もある。
例年同時期には東福寺塔頭の天得院の桔梗も見頃となっているので合わせて寄ってみるといいだろう。
京都の花名所 にもどる >>        トップページ へもどる >>

Copyright (C) Yasuhiro Imamiya all rights reserved.