唐招提寺 除夜の鐘
唐招提寺 除夜の鐘
唐招提寺 大晦日
・奈良 唐招提寺 除夜の鐘 大晦日
唐招提寺 除夜の鐘 写真
唐招提寺 鐘楼
唐招提寺の大晦日
唐招提寺 除夜の鐘 画像
奈良 大晦日 除夜の鐘
唐招提寺
除夜の鐘
唐招提寺
鐘楼
唐招提寺
除夜の鐘
唐招提寺
大晦日
奈良
除夜の鐘
↑ 画像をクリックすると拡大されます。
・住所 奈良県奈良市五条町13-46
・時間 12月31日 23:40〜 拝観料 無料
23時〜 南大門にて先着108枚の番号札を配布される
2
3時40分〜 鐘楼にて除夜の鐘を撞くことができる
・アクセス 近鉄「西ノ京」駅 徒歩10分
JR「奈良駅」前より路線バスも出ている
奈良交通バス「唐招提寺」下車すぐ
・情報 奈良市五条町に位置する唐招提寺(とうしょうだいじ)。奈良県を代表する名所であり、鑑真が建立した寺院として広く知られている。南都六宗のひとつである律宗の総本山であり、御本尊は廬舎那仏。
境内には奈良時代に建立された金堂、講堂などが並んでおり天平文化が随所に感じられる場所。1998年には「古都奈良の文化財」の一部として、ユネスコ世界遺産に登録されている。
12月31日大晦日には、人間が持つ108の煩悩を清めるため、除夜の鐘が撞かれる。23時頃より南大門にて整理券が配布され、23時40分頃より鐘楼にて108組の人が順番に鐘を撞いていく。
ここは一般の人でも除夜の鐘を撞かせてくれるので、早めに行っていれば番号札をもらって撞けるチャンスはある。
ここの近くにある薬師寺も奈良を代表する大きなお寺であり、一般の人でも除夜の鐘を撞くことができる。
奈良の行事・祭 にもどる >>      トップページ へもどる >>

Copyright (C) Yasuhiro Imamiya all rights reserved.