橘寺 桜
橘寺 桜
奈良県 明日香村  橘寺 桜 菜の花
・奈良 橘寺 桜 たちばなでら 明日香村
奈良 橘寺の桜
橘寺 桜 高画質写真
橘寺 桜 高画質 画像
橘寺 桜画像
橘寺 桜 たちばなでら
橘寺 本堂 橘寺 桜 橘寺 桜 橘寺 橘寺 春
橘寺 桜 見頃
橘寺 黒駒 桜
橘寺 西門 桜 たちばなでら
奈良 橘寺 春
奈良 明日香村 橘寺 桜
さくら 黒駒 銅像 西門 たちばなでら 明日香村
↑ 画像をクリックすると拡大がされます。
・住所 奈良県高市郡明日香村橘532
・拝観 時間 9:00〜17:00
(受付は終了30分前まで)
拝観料 大人 350円  中高生 300円
・アクセス 近鉄「橿原神宮前駅」から 明日香周遊バスに乗車し
「川原」または「岡橋本」下車 徒歩2分
・案内 奈良県高市郡明日香村に位置する橘寺たちばなでら)。正式名称は「仏頭山上宮皇院菩提寺」という天台宗の寺院で、御本尊は聖徳太子。
橘寺(たちばなでら)というお寺の名称は、第11代・垂仁天皇が田道間守(たじまもり)に常世の国(中国チベットからインドあたり)に行って非時香菓 (ときじくのかぐのみ)という不老不死の橘の実を取ってくるよう命じ、10年後に田道間守はなんとか橘の実を持ち帰ったものの、垂仁天皇はすでに崩御されており、嘆いた田道間守が御陵にその実を捧げたことに由来する。
橘寺は聖徳太子建立七大寺の一つとして数えられ、すぐ近くで聖徳太子が生まれたと伝えられていることから、この寺院が生誕の場所とされている。聖徳太子の生誕の場所であることを示す石碑もある。
ここに桜シーズンが訪れると、本堂東門周辺に桜が華やかに咲く。また境内の外には菜の花が植えられていて、桜と菜の花の競演も楽しめる。
橘寺の桜の見頃は、例年4月上旬。
また同じ明日香村にある岡寺飛鳥寺なども奈良の桜名所なので合わせて寄ってみるといいだろう。
奈良桜名所へもどる >>        トップページ にもどる >>

Copyright (C) Yasuhiro Imamiya all rights reserved.