古知谷阿弥陀寺 雪
阿弥陀寺 雪
古知谷 阿弥陀寺 雪
・古知谷阿弥陀寺 雪景色 あみだじ 京都 大原
阿弥陀寺 雪景色
古知谷阿弥陀寺 雪景色 写真
大原の里 雪景色
阿弥陀寺 雪景色 高画質画像
阿弥陀寺 雪
阿弥陀寺 雪景色 大原の里 阿弥陀寺
京都 大原の里 雪
古知谷阿弥陀寺 雪景色 こちだにあみだじ
阿弥陀寺 雪 絶景
古知谷阿弥陀寺 雪景色
古知谷阿弥陀寺 雪景色 写真
京都 大原 あみだじ 阿弥陀寺 冬季 冬期
↑ 画像をクリックすると拡大されます。
・住所 京都府京都市左京区大原古知平町83
・拝観 拝観時間 9:00〜16:00
拝観料 大人 300円  小中学生 300円
例年1〜2月は、拝観を休止している
・アクセス JR「京都駅」から京都バス17・18系統に乗車 (約60分)
阪急「河原町駅」から17・18系統
ともに 終点「大原」下車 徒歩30分
そして京都バス「大原」で乗車し「古知谷」下車 徒歩5分
・情報 京都大原の最奥に位置する阿弥陀寺あみだじ)。浄土宗のお寺で、古知谷阿弥陀寺こちだにあみだじ)とも呼ばれている。雪が降った日には山寺ならではの雄大な雪景色に出会える。
阿弥陀寺で注目されるのは京都ではめずらしい中国式楼門。この楼門周辺は阿弥陀寺を代表する景観となっている。楼門からゆっくり歩いて10〜15分ほど山を登って場所に本堂がある。
阿弥陀寺は例年1〜2月の間は拝観をお休みしている場合があるので訪れる際には確認しておこう。1〜2月の間でも柵越しに楼門部分は見ることができる。
大原エリアは山間部に近い自然豊かな場所にあるので、市内中心部よりは雪が積もる可能性は高い。年に10回ほど雪景色に出会えるチャンスがあるだろう。雪が積もっても昼過ぎには溶けてしまう場合が多いので訪れるなら午前中早めがいいだろう。
大原には三千院宝泉院寂光院実光院来迎院などの京都の雪景色名所が点在するので合わせて寄ってみるといいだろう。
京都 雪景色 名所 にもどる >>       トップページ へもどる >>

Copyright (C) Yasuhiro Imamiya all rights reserved.