金福寺 雪
金福寺 雪
金福寺 雪景色
金福寺 雪景色
金福寺 芭蕉庵 雪
・京都 金福寺 書院 枯山水庭園 茶室 芭蕉庵 猫
金福寺 雪
金福寺 雪景色
金福寺 雪 高画質画像
金福寺 雪景色 猫
金福寺 芭蕉庵 雪 高画質写真
金福寺 雪景色 金福寺 雪 猫 芭蕉庵
金福寺 猫 雪
金福寺 芭蕉庵 雪景色
金福寺 つくばい 雪
京都 金福寺 冬 こんぷくじ
金福寺 冬 こんぷくじ
芭蕉庵 つくばい 書院前庭
金福寺 書院前庭 雪
金福寺 雪 写真
京都 金福寺 冬 写真
金福寺 雪 画像
金福寺 雪 こんぷくじ
書院から 雪景色 雪景色 こんぷくじ
↑ 画像をクリックすると拡大されます。
・住所 京都府京都市左京区一乗寺才形町20
・拝観 拝観時間 9:00〜17:00
拝観料 大人400円 
・アクセス JR「京都駅」から
市バス5系統 「一乗寺下り松町」下車 徒歩10分
叡山電鉄「一乗寺」下車 徒歩15分
・雪景色 京都洛北の一乗寺に位置する金福寺こんぷくじ)。俳諧師・松尾芭蕉に縁のあるお寺として知られている。ここは舟橋聖一の歴史小説でNHKの大河ドラマにもなった「花の生涯」のヒロイン・村山たか女が尼として過ごしたお寺でもある。
金福寺が雪化粧された日の見所は、書院前庭である枯山水庭園の雪景色。ビアンコネロトーンに包まれた雪の庭園は訪れた拝観者に静寂の美を見せてくれる。また時折ここの猫が縁側に現れることもある。(→写真)
境内の高台には与謝蕪村一門によって再興された茶室・芭蕉庵がある。雪が降るととその茶室の茅葺き屋根が白く染まり、趣のある光景がつくりだされる。(→写真) 雪化粧に包まれた境内をゆっくりと散策してみよう。落ち着いた雰囲気の中で静かな冬時間を過ごせるだろう。
またここには「吾唯足知」(われただ足るを知る)を記した茶室のための手水鉢・つくばいがある。吾唯足知とは、現状で自分は満たされているありがたさを知っていて、さらに湧き上がってくる欲を追求しない事を表した言葉。(→写真)
近年では、京都市内に雪が降る日が少なくなってきたが例年3〜4回ほど金福寺の雪景色を見れるチャンスはやって来る。積雪があった日でも昼前になると雪が溶けてしまうことが多いので、訪れるなら午前中がいいだろう。
京都 雪景色 名所 にもどる >>       トップページ へもどる >>

Copyright (C) Yasuhiro Imamiya all rights reserved.