神護寺 紅葉
神護寺 紅葉
京都 神護寺 紅葉
神護寺 紅葉 画像
神護寺の秋 もみじ
神護寺 紅葉 写真
神護寺の秋 ライトアップ
神護寺 紅葉 写真
京都高雄 神護寺の紅葉
神護寺 紅葉 ライトアップ
神護寺 紅葉 ライトアップ
・神護寺 紅葉 秋 高雄 ライトアップ
京都 神護寺 紅葉
京都 神護寺
神護寺 紅葉 高画質画像
神護寺
神護寺の紅葉
紅葉
神護寺 紅葉 高画質画像
神護寺
神護寺 紅葉 もみじ 見頃
神護寺 紅葉 見頃
もみじ
神護寺 紅葉
ライトアップ
神護寺 紅葉 高画質画像
神護寺
神護寺 金堂 紅葉 写真
金堂
神護寺 紅葉 ライトアップ
ライトアップ
高雄 秋 ライトアップ
石段
神護寺 秋 ライトアップ
ライトアップ
高雄 ライトアップ
高雄の秋
神護寺ライトアップ
ライトアップ
高雄 紅葉 ライトアップ
高雄ライト
・京都 神護寺 紅葉 もみじ 錦雲渓
神護寺 紅葉 高画質写真
神護寺 秋
神護寺 紅葉 画像
京都紅葉
神護寺の紅葉
神護寺
京都 神護寺 紅葉
もみじ
神護寺 紅葉
神護寺 紅葉
京都 神護寺 紅葉 見頃
石段
錦雲渓
錦雲渓
神護寺 お休み処 紅葉 もみじ
茶店
神護寺
神護寺 写真
錦雲渓 紅葉
錦雲渓
神護寺 紅葉
神護寺 紅葉 見頃
神護寺 紅葉
神護寺 紅葉 金堂
金堂
高雄 紅葉 ライトアップ 画像
ライトアップ
神護寺 紅葉 ライトアップ 
ライトアップ
神護寺 楼門 紅葉
楼門
京都 神護寺の紅葉
石段
京都 神護寺 茶屋 かわらけ投げ
茶屋
高雄 紅葉ライトアップ
高雄ライト
神護寺 紅葉 旅行 ツアー
秋の境内
高雄 紅葉
高雄の紅葉
神護寺 山門 紅葉
神護寺 楼門
神護寺 楼門 紅葉
モミジ
神護寺 楼門 紅葉
神護寺 楼門
じんごじ もみじ
秋の境内
・京都 神護寺 紅葉 ライトアップ
神護寺 紅葉 ライトアップ
神護寺
神護寺 紅葉 ライトアップ 画像
ライトアップ
神護寺の紅葉
神護寺
神護寺 紅葉
ライトアップ
神護寺 紅葉 写真
神護寺
神護寺 楼門 ライトアップ
山門
神護寺 ライトアップ
夜間拝観
神護寺 紅葉石段 ライトアップ
石段
神護寺 秋 ライトアップ
夜間拝観
神護寺ライトアップ
五大堂
・神護寺 紅葉 高雄ライトアップ
神護寺 紅葉 ライトアップ
ライトアップ
神護寺 紅葉 ライトアップ
夜間拝観
神護寺 楼門 紅葉 ライトアップ
楼門ライト
高雄 紅葉 ライトアップ
高雄ライト
高雄の紅葉ライトアップ
ライトアップ
・京都 神護寺 紅葉 金堂 楼門 かわらけ投げ
神護寺 紅葉 ライトアップ
神護寺 紅葉
神護寺 紅葉 楼門
高雄 紅葉
神護寺 紅葉 写真
ライトアップ 神護寺 高雄 紅葉 神護寺 金堂
神護寺 画像
神護寺 楼門
神護寺 もみじ 写真
神護寺 紅葉 写真
神護寺 紅葉 画像
神護寺 山門 紅葉 高雄 紅葉 石段
神護寺 じんごじ 紅葉
神護寺 紅葉
神護寺 紅葉 朝もや
神護寺 山門 紅葉
神護寺 かわらけ投げ
神護寺の秋 もみじ 神護寺 かわらけ投げ
↑ 画像をクリックすると拡大されます。
・住所 京都府京都市右京区梅ヶ畑高雄町5
・拝観 拝観時間 9:00〜16:00 年中無休
拝観料 大人500円 小学生より200円
【 夜間特別拝観 紅葉ライトアップ 】
11月初旬〜11月下旬  時間 17:00〜19:00
昼夜の入替えあり 大人800円
・アクセス JR「京都駅」からJRバス「高雄・京北線」に乗車し
「山城高雄」下車 バス停から徒歩20分
阪急「烏丸駅」または地下鉄「烏丸線四条駅」から
市バス8号系統に乗車し、「高雄」下車 バス停から徒歩20分
・紅葉情報 京都市右京区の高雄エリアに位置する神護寺じんごじ)。高野山真言宗の遺迹本山の大きなお寺。開基は和気清麻呂と伝えられる。社会の教科書で見覚えのある国宝・源頼朝像はここに安置されている。GWなどに一般公開される。
バス停から入口である神護寺の楼門までアップダウンのある坂道を歩いて行くしかない。たどり着くまでに高雄の山々の紅葉風景を楽しめるだろう。
紅葉時期には、金堂へと続くスケールの大きな石段の周辺が真っ赤に色づき拝観者を魅了している。その石段を中心とした紅葉風景が神護寺を代表する景観となっている。ここでは11月に入ると紅葉ライトアップも開催される。このライトアップは高雄一帯でも行われており、夜でも紅葉観賞できる。
また境内の奥側では錦雲渓に向けて素焼きの小さいお皿を投げる「かわらけ投げ」を楽しめる。これにはコツがあり、かわらけを渓谷の上昇気流にうまく乗せることで遠くまで投げられる。
神護寺の紅葉の見ごろは、例年11月上旬から中旬。
京都紅葉名所の中では神護寺はかなり早めに色づく。
同じ高雄エリアにある高山寺西明寺にも紅葉が見られるので合わせて寄ってみるといいだろう。
京都 紅葉 名所 にもどる >>       トップページ へもどる >>

Copyright (C) Yasuhiro Imamiya all rights reserved.