千本釈迦堂の桜
千本釈迦堂 桜
千本釈迦堂の桜
・千本釈迦堂 おかめ桜 阿亀桜
千本釈迦堂 桜
千本釈迦堂 おかめ 桜
千本釈迦堂 桜
千本釈迦堂 阿亀桜
千本釈迦堂 桜 京都
・千本釈迦堂 桜 阿亀桜 本堂 おかめ像
千本釈迦堂 桜
おかめ像 桜
京都 千本釈迦堂 桜
千本釈迦堂 阿亀桜 おかめさくら 写真
阿亀桜
おかめ 桜 画像
京都 千本釈迦堂 桜 写真
おかめ像 桜
おかめ 桜 写真
千本釈迦堂 桜
↑画像をクリックすると拡大されます。
・住所 京都府 京都市 上京区 今出川通 七本松上ル溝前町1305
・拝観 開門 9:00 〜 閉門 17:00  境内は拝観自由
霊宝殿と本堂は 拝観料 500円
・アクセス JR「京都駅」前から市バス50番に乗車 「上七軒」下車 徒歩5分
阪急「四条大宮駅」から市バス51番に乗車 「上七軒」下車 徒歩5分
・おかめ像 鎌倉時代、千本釈迦堂の建設を請け負った大工の棟梁・高次は作業中にミスって柱を短く切りすぎてしまいました。自らの失敗に悩む高次に妻のおかめは「他の柱も全部短く切って、その上に枡組を乗せて高さを補えばいいのよ」と創造力豊かなアドバイスを高次に送りました。高次は、おかめアイデアを採用し見事に本堂を完成させます。・・・が、
その後、妻のおかめは自分のアドバイスが世間にバレては夫の恥になると自ら死を選びます。
その本堂は、鎌倉時代1227年より現在まで天災に合うことなく残り続け、京都最古の仏堂建築となっています。おかめの心意気を偲んだ「おかめ像」は本堂横で今も千本釈迦堂を見守っています。
・大根だき 12月7、8日には京都・師走の風物詩となっている大根だきが行われ、無病息災を願う参拝者に振る舞われます。
・桜情報 千本釈迦堂こと大報恩寺では、3月下旬〜4月上旬本堂の前の
「阿亀桜」(おかめざくら)と呼ばれる枝垂れ桜が繊細な花をつける。例年ここの桜は京都市内でも早めに咲いている。
ここの桜と同時期に咲く平野神社の魁桜渉成園にも合わせて寄ってみるといいだろう。
京都 桜 名所 にもどる >>         トップページにもどる >>

Copyright (C) Yasuhiro Imamiya all rights reserved.