なら燈花会
なら燈花会
・なら燈花会 奈良公園 浮見堂 猿沢池
奈良 なら燈花会
なら燈花会 画像
なら燈花会
なら燈花会 画像
奈良 燈花会
↑ 画像をクリックすると拡大されます。
・いつ 2019年の開催日は 8月5〜14日 19:00〜21:45
・どこで 奈良公園一帯・・・
春日野園地、浮見堂、興福寺と猿沢池 など
どこの会場でも入場は無料
(カップに明かりを灯すボランティアは随時募集している)
・アクセス 近鉄「奈良駅」より 徒歩15分
JR「奈良駅」より 徒歩25分  駅前より路線バスも出ている
・情報 例年8月上旬〜中旬にかけて約10日間ほど奈良公園一帯にて開催されている なら燈花会(ならとうかえ)。1999年より始まったこのイベントは、今では奈良の夏の風物詩として定着し、訪れる人々を楽しませている。
水の入ったプラスティックのカップに、小さなロウソクが浮かべられた和の灯りが広大に敷地に約2万個並べられる。たとえカップが倒れたとしても自動消火できるように配慮されている。
平城京に時代から灯籠にほのかな明かりを灯すご祈祷が行われてきた奈良。いまの時代にも奈良らしい雰囲気を残した行事として受け継がれている。
たくさんあるなら燈花会の会場の中でも、ハイライトとなっているのは、大仏殿屋根の見える春日野園地浮見堂のある鷺池周辺、興福寺五重塔の見える猿沢池あたり。
8月の下旬には、平城京跡にて天平祭として、よく似た雰囲気のイベントが開催されている。
奈良の行事・祭 にもどる >>      トップページ へもどる >>

Copyright (C) Yasuhiro Imamiya all rights reserved.