八坂庚申堂 雪景色
八坂庚申堂 雪
八坂庚申堂 雪景色
八坂庚申堂 雪 写真
京都 八坂庚申堂 雪
・京都 八坂庚申堂 雪景色 やさかこうしんどう
八坂庚申堂 雪景色 高画質画像
八坂庚申堂 雪 高画質画像
八坂庚申堂 くくり猿
八坂庚申堂 雪景色
八坂庚申堂 雪
雪景色 八坂庚申堂 くくり猿 八坂庚申堂
八坂庚申堂 賓頭盧 雪
八坂庚申堂 雪 山門
八坂庚申堂 雪 やさかこうしんどう
八坂庚申堂 雪 やさかこうしんどう
八坂の塔 雪 夢見坂
冬景色 雪景色 京都東山 八坂の塔
↑ 画像をクリックすると拡大されます。
・住所 京都府京都市東山区金園町390
・拝観 拝観時間 9:00〜17:00
境内は 拝観自由となっている
・アクセス JR「京都」から206系統の市バスで
「東山安井」下車 徒歩5分
阪急「河原町」から207系統の市バスで
「東山安井」下車 徒歩5分
・情報 京都市東山区に位置する八坂庚申堂やさかこうしんどう)。八坂の塔へと続く夢見坂を登った場所にある。ここは中国の道教の教えをもとにした庚申信仰のお寺であり、日本最初の庚申堂として日本三大庚申の一つに数えられています。
本堂前には賓頭盧(びんずる)さんのお堂にはカラフルなくくり猿が掛けられている。このくくり猿は手足を縛られて動けなくなったお猿さんを表していて、欲望を抑制し賢くコントロールすることで願いが叶えられるという意味がある。願い事が書かれ、かけられるくくり猿の中には、御本尊である青面金剛の御札が納められている。
雪が降った日には、この色とりどりのくくり猿の色が雪景色の中に映え、うつくしい景観を見せてくれる。近年ではこのくくり猿は人気の撮影スポットとなっていて、多くの観光客が訪れている。ここでは、最初にしっかりとお参りすれば、あとは撮影自由とのこと。
この八坂庚申堂のご近所には、くくり猿が5つ縦に並んでかけられてあるのを見かける。これは家内安全に「御縁」(五猿)があるようにとのご利益を願ってのこと。
八坂庚申堂のある東山エリアは近年の温暖化の影響もあり、積雪は本当に少なくなっている。それでも例年2〜3回ほどは貴重な雪景色に出会えるチャンスが訪れる。雪が積もっても昼過ぎには溶けてしまう場合が多いので訪れるなら午前中早めがいいだろう。
東山エリアにある清水寺高台寺祇園白川八坂の塔も京都の雪景色名所なので合わせて寄ってみるといいだろう。
京都 雪景色 名所 にもどる >>       トップページ へもどる >>

Copyright (C) Yasuhiro Imamiya all rights reserved.