音無しの滝 雪景色
音無の滝 雪
京都 大原 音無の滝 雪景色
・音無の滝 雪景色 来迎院 京都 大原の里
音無の滝 雪景色
音無の滝 雪
音無の滝 冬 画像
京都 大原の里 音無の滝 雪 おとなしのたき
音無の滝 雪景色
音無滝 音無の滝 京都 大原 雪景色
↑ 画像をクリックすると拡大されます。
・住所 京都府京都市左京区大原来迎院町
・見学 いつでも
自由に見学できます
・アクセス JR「京都駅」から京都バス17・18系統に乗車
終点「大原」下車 徒歩30分
阪急「河原町駅」から17・18系統に乗車し
終点「大原」下車 徒歩30分
・情報 京都大原の山奥にある音無の滝おとなしのたき)。その12mほどの滝は、良忍上人が声明(しょうみょう)の修練をしたと伝えられる場所。天台宗のお寺である来迎院からさらに山道を登っていった山の中にあるので、静かな雪景色に出会えるだろう。
声明(しょうみょう)とは、仏典に節をつけた仏教音楽のこと。良忍上人が声明修練をしていると、いつしか滝の音が消えて無くなったと言い伝えられていることから「音無の滝」と呼ばれている。
大原エリアは山間部に近い自然豊かな場所にあるので、市内中心部よりは雪が積もる可能性は高い。年に10回ほど雪景色に出会えるチャンスがあるだろう。雪が積もっても昼過ぎには溶けてしまう場合が多いので訪れるなら午前中早めがいい。
大原には三千院宝泉院寂光院実光院来迎院などの京都の雪景色名所が点在するので合わせて寄ってみるといいだろう。
京都 雪景色 名所 にもどる >>       トップページ へもどる >>

Copyright (C) Yasuhiro Imamiya all rights reserved.