円山公園 桜
円山公園 桜
円山公園 桜
円山公園 桜 写真
円山公園 夜桜
・円山公園 桜 祇園しだれ桜 さくら
円山公園 桜 高画質 画像
円山公園 桜 写真
円山公園 しだれ桜
円山公園 桜 画像
きょうと まるやま
円山公園 桜写真 円山公園 しだれ桜 京都 円山
円山公園 雪柳
京都 円山公園 長楽館
京都 円山公園 坂本龍馬像 桜
京都 円山公園 花見スペース
京都 円山公園 坂本龍馬像 さくら
雪柳 長楽館 坂本龍馬 花見 龍馬像
・京都 円山公園 桜 祇園枝垂桜 お花見
京都 円山公園 桜 見頃
京都桜名所
円山公園 桜 高画質画像
円山公園
円山公園 桜 高画質写真
祇園枝垂桜
円山公園 桜 高画質画像
円山公園
京都 円山公園 桜 画像
円山 桜
円山公園 春 高画質 写真
しだれ桜
京都 着物 桜旅行
京都 花見
円山公園 長楽館と桜
長楽館
円山公園 ひょうたん池 桜 リフレクション
桜 池
円山公園 桜と龍馬像
龍馬像 桜
・円山公園 夜桜 ライトアップ 花見
円山公園 夜桜 ライトアップ
ライトアップ
円山公園 桜 ライトアップ
夜桜
円山公園 ライトアップ
円山公園
円山公園 夜桜 ライトアップ
ライトアップ
円山公園 夜桜 リフレクション
瓢箪池
京都 夜桜 ライトアップ 円山公園
京都 夜桜
円山公園 夜桜 ライトアップ
ライトアップ
円山公園 桜 ライトアップ
夜桜
京都 円山公園の桜
夕景
京都 円山公園 桜 かがり火
かがり火
円山公園 桜 画像
円山公園 しだれ桜
円山公園 桜 写真
円山公園 祇園しだれ桜
京都 円山公園 しだれ桜
京都桜名所 円山公園
・京都 円山公園 桜 祇園しだれ桜 まるやまこうえん
円山公園 桜 高画質画像
円山公園
京都 円山公園 桜 長楽館 洋館
祇園枝垂桜
円山公園 花見 名所
円山公園
長楽館 桜 洋館
長楽館
円山公園 長楽館 桜と洋館
花見
京都 円山公園の桜 見頃
京都
円山公園 長楽館 桜
円山公園 桜 見頃
京都 円山公園 長楽館 桜 洋館
洋館
maruyama park sakura kyoto
京都 円山 桜 リフレクション
瓢箪池
京都 円山公園 祇園しだれ桜
しだれ桜
円山公園 坂本龍馬と中岡慎太郎像 桜
龍馬像
京都 円山公園 桜 まるやまこうえん
さくら
八坂神社 桜
八坂神社
・円山公園の桜 ライトアップ 夜桜 さくら
円山公園 夜桜 かがり火 京都
京都の桜
京都 円山公園 桜 ライトアップ
夜桜 花見
円山公園 夜桜
花見
円山公園 かがり火 夜桜
かがり火
京都 円山公園 夜桜
夜桜
円山公園 夜桜 見頃 ライトアップ
祇園枝垂桜
円山公園 祇園 桜
円山公園
円山公園 しだれ桜
夕景
京都 円山公園 祇園枝垂桜 夜桜 ライトアップ
瓢箪池
京都 円山公園 桜 ライトアップ
ライトアップ
↑画像をクリックすると拡大されます。
・住所 京都府京都市東山区円山町
・案内 いつでも
自由に散策できます
・アクセス JR「京都駅」から100・206系統の市バスで
乗車時間 約20分 「祇園」下車 徒歩5分
阪急電車 「河原町」より 徒歩15分
京阪電車 「四条駅」より 徒歩10分
・桜情報 京都市東山区にある円山公園まるやまこうえん)。京都市最古の公園であり、国の名勝にも指定されている。かつては時代の流れによって変化してきた公園風景も、20世紀初頭に作庭家・小川治兵衛によって池泉回遊式の日本庭園が作られ現在の形態となっている。2022年現在では、園内に茶店などお抹茶やお団子がいただける休憩スポットがつくられている。
その京都の名勝地である円山公園祇園枝垂桜は樹齢七十数年を迎えた今も堂々と咲き誇り花見客を楽しませている。また宵の口からは、この桜がライトアップされより一層艶やかな姿を見せてくれる。桜シーズンのライトアップは日没から深夜12時くらいまでやっている。(時間帯は、年によって変わる)
祇園枝垂桜は、かつて数かる京都の桜名所の中でも屈指の輝きを放っていたが、2008年くらいから咲き具合に陰りが見え始めていた。しかし桜守さんの努力があって2015年よりかなり復調してきている。また両脇に新しいしだれ桜も植樹され、見た目がより華やかな印象になっている。
この円山公園内にある長楽館ちょうらくかん)は、明治時代の実業家・村井吉兵衛が迎賓館として建てたクラシックな洋館である。「長楽館」という名称は、伊藤博文が宿泊した際に命名。現在ではカフェ、フレンチレストラン、ホテルとして利用されている。
京都・円山公園の桜の見頃は、例年3月下旬〜4月初旬。
また近くにある清水寺高台寺知恩院祇園白川鴨川三年坂ねねの道八坂の塔も京都の桜名所なので合わせて寄ってみるといいだろう。

京都 桜 名所 にもどる >>           トップページ にもどる >>

Copyright (C) Yasuhiro Imamiya all rights reserved.