京都 清水寺
清水寺 紅葉
清水寺
清水寺 夏
京都 夏
清水寺 夏
京都 清水寺
京都の夏
・清水寺 本堂 清水の舞台
清水寺 画像
清水寺
清水寺 写真
京都の夏
清水寺 夏
清水寺 早朝
清水寺 新緑
清水寺 境内
清水寺
清水寺 本堂
京都 清水寺
清水寺 清水の舞台
清水寺 千日詣り ライトアップ
清水寺 本堂
清水寺 本堂
清水寺 本堂 写真
清水の舞台
清水の舞台 京都タワー
清水の舞台
清水の舞台 眺望
清水寺 清水の舞台 欅の柱
清水の舞台 欅の柱
清水寺 清水の舞台 懸造り
清水の舞台 写真
清水の舞台 画像
清水寺 清水の舞台 欅の柱
清水寺 清水の舞台 写真
清水寺 清水の舞台 画像
清水寺 清水の舞台
清水寺 清水の舞台 画像
清水寺 清水の舞台 京都タワー
清水寺 清水の舞台 正面
清水寺 夏
清水の舞台
清水寺 清水の舞台 夏
・清水寺 仁王門 におうもん
清水寺の夏
清水寺 夏
清水寺 仁王門
清水寺 仁王門 画像
清水寺 仁王門 写真
清水寺 仁王門
京都 清水寺 観光
清水寺 仁王門
清水寺 仁王門 早朝
清水寺 仁王門 狛犬
清水寺 仁王門 眺望
清水寺 仁王門 さつき
清水寺 仁王門 額
清水寺 仁王門 眺望
清水寺 仁王門 サツキ
・清水寺 錦雲渓 きんうんけい 夏 風鈴
清水寺 錦雲渓
清水寺 錦雲渓 旅行
清水寺 錦雲渓
清水寺 錦雲渓 画像
清水寺 錦雲渓 写真
清水寺 京都タワー
錦雲渓
清水寺の錦雲渓
清水寺 風鈴
清水寺 夏 風鈴
・清水寺 三重塔 さんじゅうのとう
清水寺 境内
清水寺 三重塔
清水寺 写真
清水寺 夏
京都の夏
清水寺 初夏
清水寺 画像
清水寺の夏写真
清水寺 三重塔 夏写真
清水寺 百日紅
清水寺 夏 写真
清水寺 夏写真
清水 夏
京都 清水寺 夏
京都 清水寺の夏
清水寺 三重塔
清水寺 三重塔 文様
清水寺 三重塔
清水寺 三重塔 文様
清水寺 三重塔
清水寺 三重塔 新緑
清水寺 新緑 画像
清水寺 三重塔 新緑 写真
清水寺 観光
清水寺 桜
東山 清水寺 三重塔
清水寺 三重塔 画像
清水寺 画像
清水寺 三重塔 写真
清水寺 三重塔 池
清水寺 三重塔 遠景
清水寺 三重塔 夏
清水寺 三重塔
清水寺 三重塔
清水寺 三重塔
・清水寺 音羽の滝 おとわのたき 子安塔 しあんとう
清水寺 音羽の滝
清水寺 音羽の滝 画像
清水寺 音羽の滝 写真
清水寺 音羽の滝
音羽の滝
音羽の滝
音羽の滝 おとわのたき
音羽の滝 おとわのたき 水
清水寺 子安塔
子安塔
・弁慶の爪痕  鉄の錫杖 高下駄 出世大黒天像 蔀戸(しとみど)
清水寺 弁慶の爪痕
清水寺 出世大黒天像
鉄の錫杖
高下駄
格子状の扉 蔀戸 しとみど
・地主神社 縁結び 恋占いの石
地主神社 縁結び
地主神社
地主神社 拝殿
地主神社 本殿
地主神社 えんむすび
地主神社 じしゅじんじゃ
恋占いの石
地主神社 境内
地主神社 恋占いの石
地主神社 七夕
・清水寺 桜 ライトアップ     >> 清水寺の桜ページ
清水寺の桜
清水寺 桜
清水寺 桜 写真
清水寺 桜 ライトアップ
清水寺 紅しだれ桜
・清水寺 紅葉 ライトアップ     >> 清水寺の紅葉ページ
清水寺 紅葉 画像
清水寺 紅葉
清水寺の紅葉
清水寺 紅葉
清水寺 紅葉 ライトアップ
・清水寺 梅 雪景色    >> 清水寺の梅ページ   >> 清水寺の雪景色ページ
清水寺 梅
清水寺 梅
清水寺 梅 写真
清水寺 雪景色
清水寺 雪
・青龍会 3月14日15日, 4月3日, 9月14日15日 14時〜15時頃
清水寺 青龍会
青龍会
清水寺 青龍会
青龍会
清水寺 青龍会
・清水寺 ピンクリボン 賛同ライトアップ 10月1〜31日
京都 清水寺 ピンクリボン
清水寺 ピンクリボン キャンペーン
清水寺 ピンクリボン
清水寺 ピンクリボン 10月1日
清水寺 ピンクリボン ライトアップ
↑ 画像をクリックすると拡大がされます。
・住所 京都府 京都市 東山区 清水1-294
・拝観 通年拝観 6:00 〜 18:00  大人 300円 小中学生 200円
(夜間特別拝観がある場合は17:30で一時閉門)
春と秋の夜間特別拝観 桜と紅葉のライトアップ
18:30〜21:30 受付終了 大人400円 小中学生200円
(昼と夜の入れ替え制になっている)
・アクセス JR「京都駅」から100・206系統の市バスで「五条坂」下車 徒歩10分
阪急「河原町駅」から207系統の市バスで「清水道」下車 徒歩10分
・情報 京都市東山区の音羽山に位置する清水寺(きよみずてら)。778年(宝亀9年)に延鎮上人(えんちんしょうにん)によって開創された。本尊は独特のスタイルである清水型観音と呼ばれる千手観音。音羽山に広がる境内は京都を代表する人気スポットとなっており、世界文化遺産に登録されている。
奥の院から見る本堂と清水の舞台がここの看板風景(→写真)。日本人なら誰でも一度は目にしたことがあるであろう世界に誇れる景観。拝観者たちの絶好の写真撮影スポットとなっている。
清水の舞台は、錦雲渓と呼ばれる急な斜面に、約12メートルもの欅の柱を並べて、釘を一本も使わずに組み上げたもの。縣造り(かけづくり)という技法が用いられている。清水の舞台の高さは四階建てのビルに相当し、舞台の上からは京都市内が見渡せる。
清水寺という寺名は、音羽山中より湧き出ている霊水に由来している。音羽の滝(おとわのたき)は、かつて瀧行の場であったが、現在では所願成就を祈願する場となっている。3つの筋の筧から流れ出ている黄金水、延命水と呼ばれる清水を柄杓に汲み、一口だけいただきお不動様に祈願するのが慣例。
とにかく見所の多い清水寺。朱塗りの仁王門三重塔はダイナミックな景観にアクセントを加えている。また力試しの鉄の錫杖(しゃくじょう)や高下駄、笑顔の出世大黒天像、お千度詣りの擦り傷である弁慶の爪痕など随所で拝観客を楽しませている。
春と秋に開催される夜間拝観ライトアップ時に放たれる鮮やかな青い光線は、観音菩薩の「慈悲の光」と呼ばれ、西方浄土を指して照らしている。また清水寺は高台にあるので、夜間拝観時には京都市内の夜景を一望できる。
2015年春現在では、三重塔の修復工事が終え、鮮やかな文様が復元されている。2015年8月現在は、拝観の入り口である轟門(とどろきもん)が修復工事中となっていて、工事部分を隠して撮影しようと思うと角度が狭くなっている。
また同じ東山にある高台寺八坂の塔なども京都の観光名所なので合わせて寄ってみるといいだろう。
京都 観光 名所 にもどる >>       トップページ にもどる >>

Copyright (C) Yasuhiro Imamiya all rights reserved.