京都 夏越祓 茅の輪
・夏越の祓え
京都の6月30日は「夏越の祓」の日。夏越祓とは、1年のちょうど半周にあたるこの日に、ここ半年間の罪や穢を祓い、これからの半年間の無病息災を祈願し、気持ちを新たにする神事のこと。各地区にある神社では社殿前に大きな茅の輪を飾り、その茅の輪をくぐることで古来より伝わっている茅萱の呪力により悪疫を退ける夏越大祓式が執り行われる。
・茅の輪くぐり
茅の輪くぐりには作法がある。だいたいが茅の輪のそばにくぐり方を記述されている場所が多い。まず茅の輪を正面からくぐり左に回る。また正面からくぐり次は右に回る。最後にもう一度正面からくぐり左に回る。横8の字を描くように左・右・左の順に3度くぐる。なお茅の輪をくぐる時に「水無月の 夏越の祓する人は 千歳の命延ぶというなり」と黙唱しながらくぐると良いとされている。
・人形流し
紙の人形(ひとがた)に名前を書き、息を三度吹きかけ、身体の様々な部分を撫でることで穢れを人形に移し、神職の奉仕により川に流したり、お焚き上げを行ったりする。この人形(ひとがた)は形代(かたしろ)と呼ばれることもあり同じ意味。
・和菓子「水無月」
京都では6月30日に和菓子「水無月」(みなづき)を食べる習慣がある。水無月とは、三角形の外郎(ういろう)の上に、邪気を払うとされる小豆をのせた涼しげな和菓子。水無月を食べるようになった習慣は古来よりの工夫が受け継がれたもの。
旧暦では、六月一日を氷の節句と呼ばれていて、宮中ではこの日に氷室と呼ばれる氷の貯蔵庫を開き、氷を口にして暑気を払い、夏の病から逃れていました。しかし冷蔵庫のない時代に夏の氷は、たいへん貴重なため一般庶民に手に入れられものではありません。そこで氷の形をしたお菓子をつくり、氷に見立てて、それを食べて厄除けを行ったのです。そのちょっとした工夫が現代に受け継がれているのです。
6月30日 上賀茂神社 夏越神事 上賀茂神社 夏越神事
場所 : 上賀茂神社  住所 : 京都市 北区 上賀茂本山339
夏越神事 : 10時〜  茅の輪守 : 500円
世界文化遺産である上賀茂神社の夏越神事は、6月30日の午前10時頃から神職・巫女一同によって茅の輪くぐり神事が行われる。その後、橋殿にて祓の儀をおこない本殿へと向かう。
6月30日 上賀茂神社 夏越祓式 上賀茂神社 夏越祓式
場所 : 上賀茂神社  住所 : 京都市 北区 上賀茂本山339
夏越祓式 : 20時〜  茅の輪守 : 500円
上賀茂神社の夏越祓式は、6月30日の午後8時頃より橋殿にて執り行われる。あたりが闇に包まれ、かがり火の明かりが川面に揺らめく中、神職により人形(ひとがた)流しが行われる。
6月30日 貴船神社 夏越大祓式 貴船神社 茅の輪 写真
場所 : 貴船神社  住所 : 京都市 左京区 鞍馬貴船町180
夏越大祓式 : 15時〜  お祓い料 : 1名 200円
貴船神社の夏越大祓式は6月30日午後3時頃より本殿前にて執り行われる。神職一同が入場し、大祓詞を宣り、「祓」の儀をおこない、それぞれが人形に罪穢を移す。そして神職による茅の輪くぐり神事がおこなわれる。
6月30日 貴船神社 大川路の儀 貴船神社 大川路の儀
場所 : 貴船川  住所 : 京都市 左京区 鞍馬貴船町
大川路の儀 : 15時30分頃〜  お祓い料 : 1名 200円
貴船神社の本殿前にて夏越大祓式が執り行われた後、神職が本宮より700mほど下った貴船川の川辺に移動し、全国の崇敬者から届けられた人形(ひとがた)数千枚を川に流し祓い浄める。
6月30日 伏見稲荷大社 大祓式 伏見稲荷大社 大祓式
場所 : 伏見稲荷大社  住所 : 京都市 伏見区 深草藪之内町68
大祓式 : 15時〜  見学 : 無料
朱塗りの千本鳥居の景観が印象的な伏見稲荷大社。6月30日に執り行われる大祓式では、神職一同が外拝殿前にて大祓式を行う。(→写真) 神事が終わった後、一般の人も茅の輪くぐりを行える。
6月25日 北野天満宮 大茅の輪くぐり 北野天満宮 大茅の輪くぐり
場所 : 北野天満宮 住所 : 京都市 上京区 馬喰町
大茅の輪くぐり : 6月25日  料金 : 無料
北野天満宮は、学問の神様といわれる菅原道真公を祀る大きな神社。御祭神である菅原道真公の誕生日と命日にちなんだ天神さん縁日の25日に楼門にて大茅の輪くぐりを行う。
6月30日 北野天満宮 夏越の大祓式 北野天満宮 茅の輪 画像
場所 : 北野天満宮 住所 : 京都市 上京区 馬喰町
夏越の大祓式 : 16時〜 
見学 : 無料
京都の人からは「天神さん」と呼ばれ親しまれている北野天満宮の夏越の大祓式は、6月30日午後3時より国宝である社殿前にて執り行われる。茅の輪は6月下旬に設置され、一般の人も茅の輪くぐりを行える。
6月30日 恵美須神社 夏越の大祓式 恵美須神社 茅の輪くぐり
場所 : 京都ゑびす神社  住所 : 京都市東山区小松町125
夏越の大祓式 : 17時〜  見学 : 無料
新春の十日ゑびす大祭で広く知られている京都ゑびす神社(恵美須神社)。ここの夏越の大祓式は、6月30日の午後5時より執り行われる。神職に続いて一般の人も茅の輪くぐりに参加できる。ミニ茅の輪作りあり。
6月30日 八坂神社 大祓式 八坂神社 茅の輪くぐり
場所 : 八坂神社  住所 : 京都市 東山区 祇園町北側625
大祓式 : 15時〜 
見学 : 無料
京都東山区にある八坂神社の大祓式は、6月30日午後3時より執り行われる。神職に続いて関係者らが茅の輪くぐり神事を行う。茅の輪は6月下旬に設置されているので神事の時間以外は自由に茅の輪くぐりを行える。
6月30日 白峯神宮 夏越大祓式 茅の輪神事 白峯神宮 茅の輪
場所 : 白峯神宮  住所 : 京都市上京区飛鳥井261
夏越大祓式 : 17時〜 茅の輪護符授与 : 500円
スポーツの守護神である白峯神宮(しらみねじんぐう)。6月30日の夏越大祓式では神職先導により参列者とともに茅の輪くぐり神事が執り行われる。6/30までは茅の輪くぐりはできないようになっている。
6月30日 平野神社 夏越大祓式 夏越神事 平野神社 茅の輪くぐり
場所 : 平野神社  住所 : 京都市 北区平野宮本町1
夏越大祓式:16時頃〜 
茅の輪くぐり:6/28〜30 人形:3000円
京都の桜名所として広く知られている平野神社。6月30日の16時からの夏越大祓式では、大祓詞奏上、祓いの儀、茅の輪くぐりが執り行われる。6月下旬の28〜30日の間は自由に茅の輪くぐりが行える。
6月30日 車折神社 大祓式 京都 車折神社 茅の輪
場所 : 車折神社  住所 : 京都市 右京区 嵯峨朝日町23
大祓式 : 18時頃〜 
茅の輪くぐり : 6/1〜30 人形 : 100円
京都市右京区に位置する車折神社(くるまざきじんじゃ)。大祓式は、6月30日の午後6時から執り行われる。茅の輪は6月中は設置されているのでいつでも自由に茅の輪くぐりが行える。
6月30日 安井金比羅宮 夏越大祓 安井金比羅宮 ちのわくぐり
場所 : 安井金比羅宮  住所 : 京都市 東山区 下弁天町70
夏越大祓:18時〜  見学 : 無料
縁切り縁結び碑が広く知られている安井金比羅宮。ここの夏越大祓は、6/30の午後6時から執り行われる。茅の輪は6月下旬は設置されているのでいつでも自由に茅の輪くぐりを行える。
6月30日 平安神宮 夏越大祓式 平安神宮 茅の輪くぐり
場所 : 平安神宮  住所 : 京都市 左京区 岡崎西天王町
夏越大祓式 : 16時〜  見学 : 無料
朱塗りの社殿が美しい平安神宮では、応手門に大きな茅の輪が設置され、誰でも自由に茅の輪くぐりが行える。夏越大祓式は6月30日の午後4時から神職らによって執り行われる。
6月30日 野宮神社 夏越大祓 野宮神社 茅の輪くぐり
場所 : 野宮神社  住所 : 京都市 右京区 嵯峨野宮町1
夏越大祓 : 15時〜  見学 : 無料
嵐山の竹林内に位置する野宮神社(ののみやじんじゃ)。ここのシンボルである黒木の鳥居に大きな茅の輪が6月下旬に設置される。夏越大祓は6/30の午後3時から執り行われる。
6月30日 今宮神社 夏越大祓式 今宮神社 茅の輪くぐり
場所 : 今宮神社  住所 : 京都市 北区 紫野今宮町21
夏越大祓式 : 15時〜  見学 : 無料
玉の輿のご利益があることで知られている今宮神社。6月下旬には境内に大きな茅の輪が設置されているので誰でも自由に茅の輪くぐりを行える。夏越の大祓式は6/30の午後3時から執り行われる。
6月30日 護王神社 夏越大祓式 護王神社 ちのわくぐり
場所 : 護王神社  住所 : 京都市 上京区 桜鶴円町385
夏越大祓式 : 15時〜  見学 : 無料
京都御苑のすぐそばに位置する足腰の神様である護王神社(ごおうじんじゃ)。6月30日午後3時〜の夏越大祓式では、拝殿で百度祓と大祓式が行われた後、神職が参列者とともに茅の輪くぐりを行う。
6月30日 松尾大社 百度祓い 大祓式 松尾大社 茅の輪くぐり
場所 : 松尾大社  住所 :京都市 西京区 嵐山宮町3
百度祓 大祓式: 6/30 15時〜 お祓いさん授与: 6/29〜30 志納
6月28日には、茅の輪祓の後に神職の先導により参列者と茅の輪くぐり初めが行われる。6月29〜30日にかけては、境内にてお祓いさん授与あり。6月30日には15時から百度祓、16時から大祓式。
京都の茅の輪くぐりは、あなたが思っているよりも・・・ 気持ちを新たにできます。

トップページ京都写真集京都桜名所京都紅葉名所春夏秋冬祭・行事花名所

Copyright (C) Yasuhiro Imamiya all rights reserved.