大覚寺の梅
大覚寺の梅
大覚寺 梅
・京都 大覚寺 梅 大沢池 心経宝塔 梅林
大覚寺 梅写真
大覚寺 早春
大覚寺 梅
大覚寺 春
大覚寺 梅 画像
大覚寺 梅
大覚寺 梅 画像
大覚寺 梅
大覚寺 梅林
大覚寺の梅 画像
大覚寺 左近の梅
大覚寺 梅
大覚寺 梅 多宝塔 写真
京都 大覚寺の梅
大覚寺 梅 画像
↑ 画像をクリックすると拡大されます。
・住所 京都府 京都市 右京区 嵯峨大沢町4
・拝観 梅林へは大沢池の入場料 大人500円
(この入場券で宸殿の拝観もできる)
<< 大覚寺 寝殿 >>
時間 9:00〜16:30 (閉門 17:00)
拝観料 大人 500円 ・ 小中高 300円
有料駐車場あり
・アクセス JR「京都駅」より 市バス28系統・京都バス71系統の大覚寺行
阪急「四条大宮駅」より市バス91系統・京都バス71系統の大覚寺行
・梅 情報 嵯峨天皇の離宮であった大覚寺(だいかくじ)。今もなお平安朝の雅な佇まいが感じられる皇室に縁のある寺院。山が近くて自然に包まれている雰囲気があり静かな時間が過ごせる。
大覚寺境内である大沢池のそばに梅林がある。それほど知られてはいないが広いスペースに梅木がたくさん並んでいる。整備されている苑ではなく、まさに梅の林という感じの場所。
梅林のそばにある朱塗りの心経宝塔がアクセントとなっていて絵にできる。ここまで来たら大沢池のほとりもゆっくり散策してみよう。また宸殿前には左近の梅が咲く。
ここの梅は3月中旬〜下旬に見頃を迎える。
京都 梅 名所 にもどる >>       トップページ へもどる >>

Copyright (C) Yasuhiro Imamiya all rights reserved.