北野天満宮 梅
北野天満宮 梅苑
北野天満宮 梅 ライトアップ
北野天満宮 梅 ライトアップ
・北野天満宮の梅 梅苑 2018
北野天満宮 梅 写真
北野天満宮 梅 画像
北野天満宮 梅
北野天満宮の梅
北野天満宮 梅写真
北野天満宮 梅苑
北野天満宮 梅画像
京都 梅
北野天満宮 ライトアップ 梅
北野天満宮の梅ライトアップ
北野 梅林
北野 梅
北野天満宮
北野天満宮 早春
北野天満宮 春
北野天満宮の梅苑
北野天満宮の梅苑
北野天満宮の梅苑画像
北野天満宮の梅苑写真
北野天満宮 春
・北野天満宮 梅苑 ライトアップ 2018
北野天満宮 梅ライトアップ
北野 梅苑 ライトアップ
北野天満宮 梅苑 ライトアップ
北野天満宮 梅 ライトアップ
北野天満宮 ライトアップ
北野 梅苑 ライトアップ
北野天満宮ライトアップ
梅苑 ライトアップ
北野天満宮 梅園ライトアップ
北野天満宮 梅園 ライトアップ
北野 ライト
早春 ライトアップ
北野天満宮 早春 ライトアップ
北野天満宮 梅園 夜
北野天満宮 梅園 ライトアップ
・北野天満宮 梅 雪 2016
北野天満宮 梅と雪
北野天満宮 梅と雪 画像
北野天満宮 梅 雪
北野天満宮 梅と雪のコラボレーション
北野天満宮 梅と雪 写真
梅 雪 画像
北野天満宮 梅花 雪
京都 北野天満宮 梅と雪 
梅 雪
北野 梅 雪 本殿
・京都 北野天満宮 梅 2015
北野天満宮 梅
北野天満宮 梅
北野天満宮 梅
北野天満宮の梅
北野天満宮 梅
北野天満宮 京都梅名所
京都 北野天満宮 梅
北野天満宮 梅 写真
京都 北野 梅
北野天満宮 梅名所
天神さん 梅 京都
北野天満宮 梅
京都 北野天満宮の梅
北野天満宮の梅
北野天満宮の梅
北野天満宮 梅
北野天満宮 梅 三光門
北野天満宮 梅
北野天満宮 京都 梅
北野天満宮 梅 画像
・北野天満宮 梅 天神さん 2014
北野天満宮 梅
北野天満宮 梅
北野天満宮 三光門 梅
北野天満宮 梅
北野天満宮 梅 楼門
北野天満宮 梅 ライトアップ
北野天満宮 梅 ライトアップ
北野天満宮の梅 天神さん
北野天満宮 梅 京都
北野天満宮 梅 写真
・北野天満宮 社殿前の紅梅
北野天満宮 梅
北野天満宮 梅
北野天満宮 梅
北野天満宮 梅
北野天満宮 梅
北野天満宮 紅梅
北野天満宮 梅
北野天満宮 梅 西回廊
北野天満宮 梅 拝殿
北野天満宮 梅 本殿
・北野天満宮 地主社 三光門 梅
北野天満宮 梅 三光門
北野天満宮 梅
北野天満宮 梅
北野天満宮 梅
北野天満宮 梅
北野天満宮 宝物殿 梅
北野天満宮 宝物殿 梅
北野天満宮 梅
北野天満宮 三光門 梅
北野天満宮 地主社 梅
北野天満宮 地主社 梅
北野天満宮 梅
北野天満宮 地主社 梅
北野天満宮 梅 京都
北野天満宮 本殿裏手 梅
北野天満宮 梅
北野天満宮 梅
北野天満宮 地主社 梅
北野天満宮 梅 写真
北野天満宮 梅苑
・2月25日 10:00〜 梅花祭 (芸舞妓による野点)
梅花祭 芸舞妓
梅花祭 舞妓 梅の花かんざし
梅花祭 上七軒の芸舞妓による野点
梅花祭 舞妓 梅 花かんざし
茶会梅花祭 舞妓 
梅花祭 野点 のだて
梅花祭 芸舞妓
梅花祭 舞妓 梅の花かんざし
梅花祭 上七軒 芸舞妓
梅花祭 芸妓
↑ 画像をクリックすると拡大されます。
・住所 京都府 京都市 上京区 馬喰町
・日時 夏 5:00〜18:00 冬 5:30〜17:30  参拝自由
社務所受付 9:00〜17:00
梅苑の公開・・・2月中旬〜3月下旬 9:00〜16:00
入苑料 : 大人700円 小学生以下350円(茶菓子付き)
梅苑ライトアップ・・・2月23日〜3月18日の金・土・日曜
梅苑ライトアップ開催日は9時〜21時(20時30分受付終了)
梅花祭・・・毎年2月25日  茶会 10:00〜15:00
境内の三光門前広場にて、芸舞妓による野点 拝服料:1500円
・アクセス 阪急「四条大宮駅」より 市バス55系統乗車 「北野天満宮前」下車
JR「京都駅」より 市バス50・101系統乗車 「北野天満宮前」下車
・梅情報 京都市上京区にある北野天満宮(きたのてんまんぐう)。京都を代表する大きな神社であり、学問の神様といわれる菅原道真公を祀られている。京都の人からは「天神さん」と呼ばれ親しまれている。
毎月25日は、御祭神である菅原道真公の誕生日と命日にちなんで天神さん縁日として、境内に露店が並び多くの参拝者で賑わう。また夜は21時頃まで境内がライトアップされる。
御祭神・菅原道真公がこよなく愛された梅。その可憐な美しさは北野天満宮境内に生き続けている。例年3月には約50種類・1500本もの梅がその花を咲かせる。この時期、梅の香り漂う華やかな境内風景は訪れる参拝者を楽しませている。(→写真)
境内のいたるところに梅が咲くが、やはりハイライトは社殿前にある大きな紅梅。見頃を迎えると青空との鮮やかなコントラストをつくり出し、京都屈指の梅名所にふさわしい優雅な美しさを見せてくれる。早咲きの梅から遅咲きの梅まで約一ヶ月ほど楽しめる。
ごく稀に2月下旬か3月上旬に梅が咲いている時に雪が降ることがある。その時には、京都ではめずらしい梅と雪のコラボレーションが見られる。梅の花が白い綿帽子を被る姿はなんともうつくしい。
また例年2月中旬〜3月下旬には梅苑が有料で一般公開される。
2018年より梅苑ライトアップも開催されている。
毎年2月25日には、梅花祭(ばいかさい)として上七軒の芸舞妓による野点(のだて)が開催される。梅の花かんざしを挿した舞妓の姿が人々を惹きつけ、この時期の風物詩となっている。(→写真)
京都の梅名所にもどる >>        トップページ へもどる >>

Copyright (C) Yasuhiro Imamiya all rights reserved.